読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体は食べたもので出来ている!(仮)

農業や食に関して経験から気付いたこと、学んだことをお届けしています

「熱い人は苦手でした。」 ~長渕剛 オールナイトライブ2015~

(この記事は僕が過去にfacebookに投稿した記事を編集したものです)

 

「熱い人が苦手でした…」

 

僕は昔から、

お酒を飲んで夢を語り合ったりすることが

苦手でした。

 

 

会社員をしていた時も

仕事以外で同僚との交流は無かったし、

昔から付き合いがある友達とでも

腹を割って話すなんてことはせず、

壁を作ってました。

 

僕は人に相談することも苦手で

自分のことなんてどうせ分かってもらえないんだから

話しても意味ない。

 

もし話して否定されたりするのが

こわいから1人で考えたほうがいい。

 

そう思ってきました。

 

 

農業を始めてからも同じことをしていました。

1人で考えて、

1人で答えをだして

1人で突っ走る。

 

今では分かるけど、

これってすごい淋しいです。

 

そして、なかなかうまくいかない(^_^;)

 

「夢は共感してくれる人たちと共有することで実現する」

 

夢を叶えている人たちが

共通してることの一つに

「共感してくれる仲間を見つけて励まし語り合う」

ということがあります。

 

人前で自分の夢を語って、

共感してくれる人を見つけることが

実現への可能性をグッと高めてくれる。

 

 

なぜそれで可能性が高まるのか?

 

1人で考えて行動していると

うまくいかないことも時にはあります。

 

そんな時は1人だとモチベーションが

すぐ下がっちゃうんですよね。

 

「自分が間違ってるのか?」

 

「やっぱり自分には無理なのか?」

 

そんな考えが頭の中を

グルグルしちゃうんです。

 

そんな時には仲間に話すと

励ましてくれたり、

アドバイスをくれる。

 

ボキッと折れていた心も

仲間の声で立ち直ることができる。

 

夢に向けて行動を続けることができる。

行動をし続ければ協力してくれる人も

自ずと出てくる。

 

熱い思いがあるなら、

自分の中だけに閉じ込めずに

仲間を見つけるためにまずは話してみよう。

 

と熱いLIVEを前にしてふと思い出しました。

 

※熱い人が好きになったのは妻の影響です( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:tabetamonokara:20160903004943j:plain

 

f:id:tabetamonokara:20160903005006j:plain