読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体は食べたもので出来ている!(仮)

農業や食に関して経験から気付いたこと、学んだことをお届けしています

乗り継ぎできず、まさかのホーチミンで一泊

2016年9月15日☆いざ、ベトナム、ダラットへ(その3)

 

予定の到着時刻から少し遅れて

台北からホーチミンに降り立ちました。

 

っと安心したのは束の間。

 

実はここが一番の難所。

 

ホーチミンについてダッシュでダラット行きの便に

乗り継ぎです。

 

国内線の乗り継ぎは難しいので、

うまく乗り継ぎができるように

ホーチミンで営業担当をしている方が

空港まで来てくれていました。

 

が、しかし…

ホーチミンに着陸が遅れたこともあって

乗り継ぎができませんでした…汗

 

チケットを予約してくれた会社も

これは想定していました。

 

ギリギリ間に合うか、

間に合わなければ翌朝の便で

来るようにと事前にアナウンスされていたので

会社に連絡してすぐに翌朝の便を予約してもらいました。

 

ということで

ホーチミンに1泊することが決まり

営業担当の方が近くのホテルを予約してくれたので

ホテルまで5分くらいタクシーで移動して

19時ころにチェクイン。

f:id:tabetamonokara:20160918175939j:plain

 

f:id:tabetamonokara:20160918180137j:plain

 

チェックインを済ませて

営業担当の方と夕食に♫

 

ホーチミン

出来たばかりの高島屋に向かいました!

f:id:tabetamonokara:20160918180420j:plain

バイクの後ろに乗せてもらい移動です。

 

f:id:tabetamonokara:20160918180645j:plain

途中見かけた日本っぽい建物。

 

とにかくバイクが多い!

空気が悪くてバイク乗ってる人はみんなマスクしています。

f:id:tabetamonokara:20160918181137j:plain

f:id:tabetamonokara:20160918181225j:plain

20時ころ。けっこう賑わっています。

f:id:tabetamonokara:20160918181417j:plain

 

日本料理の店も入っていました。

 

日系の飲食が多くて

僕らが入ったイタリアンのお店も日系のお店で

「いらっしゃいませー」って

言われてなんだか違和感。

 

※なぜベトナムに来て最初の食事に

イタリアンを選んだのか言いますと

現地の料理はこれから毎日食べるから

美味しそうなピザのお店にしたわけです(笑)

 

f:id:tabetamonokara:20160918182255j:plain

 

食事を済ませて外に出ると

中秋の名月で提灯が並んでいました。

 

f:id:tabetamonokara:20160918182527j:plain

 

空を見上げると月がきれいです。

 

営業担当の方とはここでお別。

 

一人でタクシーをつかまえてホテルに戻りました。

(タクシーで10分くらい。

ホテルまでの料金は営業の方が言われていた通り

12万ドンでした。日本円で600円くらい)

 

メーターはあるけどぼったくりもあるので注意が必要とのことです。

 

あと、ぼったくられない護身術として

「日本人をアピール」をするといいかもしれません。

 

ベトナム人は親日です。

しかし、中国との仲が今、過去最悪と言っていいほど悪いです。

 

そして、ベトナム人から見て

日本人も中国人も見た目では判断しきれません。

 

ベトナムには日本より多くの中国人がいるので

日本人も中国人と見られます。

 

仲の悪い中国人に見られるよりも

「日本人」をアピールすればぼったくられる可能性も

低くなると思います。個人的意見ですがー。

 

翌日はいよいよダラットに向かいます☆

 

どんな場所なのか楽しみです。

 

続きはこちら

↓ ↓ ↓

tabetamonokaradekiteiru.hatenablog.com