読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体は食べたもので出来ている!(仮)

農業や食に関して経験から気付いたこと、学んだことをお届けしています

やっと着いたよ!ダラット!

移動疲れで昨夜は早めに就寝☆

 

8時に起床。

天候は曇りです。

 

ホーチミンは結構暑くて蒸し蒸ししてました。

半袖で大丈夫。

 

ベトナムは雨季の終盤です。

雨季は4月~9月と長い!

 

ダラット行きの便は10時45分発なので

空港に行く前に朝食を食べとこ!

 

しかし…

ホテルは素泊まりなので朝食は

自分で探さないと。汗

 

ホテルから出て朝食が食べられそうな店を探してみました♫

 

店はたくさんあるんだけど…

 

どの店に入ろうか迷う…

メニューはベトナム語でわからないし…

正直、衛生面も不安…

(お腹は丈夫な方です)

 

 

店の中で食べるのは

ベトナム滞在2日目の僕にはまだハードルが高いので

またの機会に取っておくことにしよ。

 

とかなんとか考えながら徘徊して

店先に屋台的なものを出してサンドイッチを

売ってるところを発見!

 

チラッと覗きながら1度通り過ぎる。

 

ターンしてもう一度通り過ぎる…。

 

立ち止まって様子を見る…。

 

そして、様子を見る…。

 

f:id:tabetamonokara:20160919201350j:plain

結構お客さんが来る。

 

f:id:tabetamonokara:20160919201513j:plain

パンや、玉子、バター、ハムなどが並んでる。

f:id:tabetamonokara:20160919201710j:plain

ちゃんとメニューと価格書いてある!

良心的だ!

 

朝食を食べる店を悩んだのは、

ぼったくられる可能性があるからで、

こんな感じで書いてあると安心ですね。

 

ここは冒険せずに無難にポークを注文しました。

f:id:tabetamonokara:20160919202509j:plain

3種類のハムときゅうりと葉物とバターと

謎のソースが相まって美味しかったです!

 

特にパンが美味しい☆☆☆

 

僕は日本のふわふわのパンより

硬いおフランスパンが好きなので

このサンドイッチはオススメです!

 

ベトナムフランスの植民地だったので

パン食が文化として残っているみたいです。

他にも建物、道路、町並みでも

フランスの影響が見られます。

 

朝食のくだりだけで長くなってしまいました笑

 

お腹も膨らんだので

ホテルをチェックアウトして空港へ向かいます♫

 

カウンターでお支払いです。

 

素泊まりで100万です。

 

100万!?

 

そう、100万ドンです。

日本円で5千円くらい。

 

ここは周辺のホテルと比べて高い方らしいです。

 

※2016年9月15日に関空で両替したら

日本円1万800円で200万ドンでした。

 

タクシーに乗って空港へ到着。

 

5分くらいで着いたんだけど…

なんか料金高かった気がする…

 

運転手の去り際の「謝謝」の言葉が気になる…

中国人に見られてぼられたかな…

やはり「日本人アピール」が必要かも。

 

ホーチミンからはLCC

「ベットジェト エアー」でダラットへ向かいます。

40分くらいです。

 

150人くらい乗れる小さい機体で

ヨーロッパ人と中国人、国内旅行っぽいベトナム人、

昨日の台北→ホーチミンの便とは違って、

日本人は僕だけみたいです。

 

f:id:tabetamonokara:20160919205329j:plain

 

40分なので本を読んでたらすぐに到着です♫

 

f:id:tabetamonokara:20160919205743j:plain

自然むき出し!

 

見渡す限り山!

 

気持ちいい空気感…

 

 

ホーチミンとはぜんっぜん違う景色。

 

大きく深呼吸したくなる。

 

ゲートを出たら社長たちが迎えに来てくれてるはず。

 

続きはこちら

 

↓ ↓ ↓

編集中です☆