読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体は食べたもので出来ている!(仮)

農業や食に関して経験から気付いたこと、学んだことをお届けしています

今まですべてを応援してくれていた親が、ベトナム行きには大反対した理由

僕がこれまで選択してきたこと

 

小学校でサッカー部の顧問が変わって

すぐ辞めた時も、

 

その後、

陸上に興味を持って町のクラブに入れてくれた時も、

 

中学の時に陸上部のコーチが変わり、

辞めた時も、

 

ファッションに興味を持って

高校は被服の授業がある学校を選んだ時も、

 

ファッションの専門学校を卒業して

有名企業に就職できたのに、

会社の考えが合わないっと

数ヶ月で辞めてしまった時も、

 

2年ほど飲食のサラリーマンをしていて

農業に興味を持ち、

脱サラして大学で農業を学ぶと決めた時も、

 

25歳で有機農業で独立すると決めた時も、

 

妻と出会って、結婚と同時に

3歳児の父親になると報告した時も、

 

すべてを暖かく応援してくれた僕の両親。

 

その両親が

「単身でベトナムに行く」

と報告した時には大反対されました。

 

僕は反対されると思っていなかったので

理由を聞いてみると

 

父親になってまだ2年くらいなのに、

5歳の子どもと離れて暮らして息子がかわいそう。

今一緒に過ごさなくてどうするの。

奥さん一人に全て任せたら生活が大変になるよ。」

 

という心配が理由のようでした。

 

僕は僕たち夫婦が考えている

「家族の在り方」

を分かってもらいたくてしっかりと伝えました。

 

確かに5歳の息子と離れて暮らすと

息子は僕がそばにいなくて淋しいと感じる時があると思います。

 

 

でも、

 

一緒にいる時間が多い

 

=愛情深いとは限らない

 

と僕たちは考えています。

 

 

僕たちが選んでいる生き方は

全て子どものためであり、未来のためです。

 

僕たちが世の中のためになることができたら、

それは巡り巡って子どもたちのためになる。

 

そう考えています。

 

久しぶりに息子に会えたら

その時に存分に愛情を伝えてあげれたらいいと思っています。

 

そして今の生活ができているのは

家事やそのほかを全て任せている妻のおかげでもあります。

 

思い描く未来を共有して、信頼しているからこそ

離れていても大丈夫だと思えます。

 

f:id:tabetamonokara:20161206083430j:plain

 

この子達が大人になった時に

今より生きやすい世の中に、

そして、世の中は可能性に満ちていることを

伝えるために

自信を持って

 

僕は今、ベトナムで仕事をしています。

 

 

 

☆☆☆☆☆

 

はい、ここからは告知でーす!

 

 

「熊本震災復興イベント~はぐれぼフェス!」

 

 

12月11日(日)に開催されるイベントです☆

 

このイベントの中で

 

子どもと大人が一緒に「いのち」について考える

 

「いのちの授業」という

 

ワークショップがあります。

 

目の前で鶏を捌いて、

みんなでいただきます。

 

 

目の前で捌かれる鶏を見て

 

子どもは?大人は?何を感じるでしょうか。

 

 

これはとっても大切なこと。

 

僕たちは

「命を頂いて、命を繋いでいます」

 

このイベントには他にも

楽しい内容がいっぱい詰め込まれています♫

 

詳しい内容はこちらをご覧ください♫

 

↓ ↓ ↓

 

「熊本震災復興イベント~はぐれぼフェス!」

 

たくさんの方のご参加を

お待ちしております♫

 

☆☆☆☆☆

 

いつも僕のブログを読んでいただき

ありがとうございます(^O^)

この記事に対してのコメントやご感想 などございましたら

お気軽にお寄せください☆

 

「いいね」、「シェア」をして頂けるとうれしいです☆

 

また、こちらの記事もぜひ読んでみてください☆

 

↓ ↓ ↓ 

 

「3万8千回シェアされた記事」

 

これまでたくさんの方に読んでいただきました。

 

Facebookでのお友達申請も

お待ちしております!

↓ ↓ ↓

https://www.facebook.com/naoyuki.nakayama

どなたでも大歓迎です☆

 

では、また次の記事でお会いしましょう~☆